石川県輪島市の「日本航空高校石川」は2024年元日の能登半島地震で被災し、部活動ができなくなりましたが、避難先の岐阜県恵那市で練習を再開し、3月の全国選抜大会出場を決めました。選手たちを支えたのは、感謝の気持ちです。

■学校も家も被災…石川県のラグビー強豪校が震災で活動困難に

 2024年2月4日、岐阜県恵那市のスポーツ施設にやって来たのは、石川県輪島市の「日本航空高校石川ラグビー部」の部員35人です。 全国大会19回出場の強豪校ですが、被災後1カ月ぶりに集まり、笑顔を見せていました。

選手たち: 「会えてうれしい。ハグしたいくらい」 元日、最大震度7の揺れを観測した「能登半島地震」で、輪島市は多くの建物が被害にあい、犠牲者も出ました。今も断水が続き多くの人が避難生活を余儀なくされています。

日本航空石川も、校舎の一部がひび割れ、窓ガラスは破損しました。

ラグビー部員が生活する寮は、物が散乱し…。

グランドは隆起して、亀裂が入り、練習場も学校も復旧の目途が立っていません。

輪島市がふるさとの1年生、小林静太郎選手の自宅も被災しました。

1年生の小林静太郎選手: 「テレビが倒れて…。戻したらこんな感じでバキバキなっていた。物が散らかったり、棚が倒れたり」

幸い、選手たちは全員無事でした。

■“ノーサイドの精神”で愛知の高校が支援

 活動ができなくなったラグビー部に手を差し伸べたのが、愛知県のラグビー強豪校、中部大春日丘(はるひがおか)高校の宮地真監督でした。

中部大春日丘高校の宮地真監督: 「花園のグランドで揺れを感じて、石川で大きな地震があったということを知って、真っ先に思い浮かべたのが日本航空高校石川。北信越大会がたまたま長野県の飯田で行われる話を聞きまして、それだったら恵那の(中部大学)研修センターがすぐ隣なので、すぐ学園(大学側)に連絡して、すぐ貸してあげてほしいと」 両校は、20年近く交流を続けていて「試合中はライバルでも、笛が鳴れば仲間同士」。ラグビーのノーサイド精神が今回の支援を実現させました。

日本航空石川のトンガ出身、シアオシ監督も感謝の気持ちが尽きません。

日本航空石川のシアオシ・ナイ監督: 「学校、グランドも、ほとんど使えず、そんななか一番早く、宮地先生がすぐ連絡をくれて、『いつでもサポートできることがあれば、ぜひ協力する』って。仲間がすごく大事と思いました」

2年生の上野魁心選手: 「この震災をバネに石川と輪島を代表して必ず強くなるので、よろしくお願いします。この度はありがとうございました」 1カ月ぶりとなるチーム練習は、震災でふさぎ込んだ選手の心に力を与えました。

1年生の小林静太郎選手:  「地震で悲しいなという気持ちが少し和らぎました。試合に向けては準備不足もあるかもしれないけど、自分たちができる最大限のことを生かして頑張りたいと思います」 一緒に練習した春日丘の選手は…。 中部大春日丘高校の川島大虎選手: 「心配だったんですけど、一緒にやれて、話もできて、うれしかったです」 中部大春日丘高校の鬼頭慶選手: 「必ず新人戦(北信越大会)では、決勝で勝ってほしいと思っています」 日本航空石川は、1、2年生の「新チーム」を立ち上げたばかりですが、すぐ全国選抜ラグビー大会の切符をかけた公式戦を控えていました。

輪島市出身の小林選手も力が入っていました。 1年生の小林静太郎選手: 「航空高校がある輪島も被災されている方もいる。自分たちの熱いプレーで、被災された方に勇気を与えたいと思っています」

日本航空石川のラグビー部には、名古屋市出身の選手もいました。フォワードの川上聖翔選手です。

2年生の川上聖翔選手: 「みんなとできるのはうれしいんで、どのグランドでもありがたいです。北信越大会(新人戦)で優勝して、(春日丘と)一緒に全国選抜大会で戦えたらと思います」

■地元「輪島」の思いとともに大会へ 初戦は快勝

 大会1週間前の2月11日、日本航空石川の選手は、長野県飯田市で開かれた「北信越大会」へ。北陸と長野、新潟の5県の予選を勝ち抜いた上位10校が、3月の全国選抜ラグビー大会の切符1枚を争います。

新チームになって初めての試合を前に、シアオシ監督から試合に臨む心構えが伝えられました。 シアオシ・ナイ監督: 「電気が当たり前、水も当たり前、エアコンも当たり前、これが当たり前じゃない。しっかり感謝の気持ち、少しでも試合でプレーで返せるように」

2年生の上野魁心選手: 「サポートしてくださった人たちに感謝の気持ちを持って。体をしっかり当ててみんなが思いきりプレーすることが最大の恩返しだと思うから、しっかりみんな頭にいれてやっていきましょう」 シアオシ・ナイ監督: 「短い時間でやって来たことを、自分たちのラグビーをしっかり信じて。輪島のためにしっかり戦いたいと思っています」 選手たちの腕には地元「輪島」の文字が刻まれていました。

選手: 「石川のためです」 別の選手: 「GO FOR WAJIMAです。輪島のためにプレーします」

初戦の相手は2023年、全国大会に出場した長野県の強豪校「飯田OIDE長姫高校」。日本航空石川には、1カ月間もチーム練習ができなかったブランクがあり、監督らも心配していましたが前半3分、先制トライに成功。

背番号2、名古屋市出身の川上選手は攻守で活躍し、激しいタックルで反撃の芽を摘むだけでなく、後半4分には猛突進でトライも決めました。

2年生の川上聖翔選手: 「新チーム初の試合なんで、楽しかったです。いろんな人のサポートがあったおかげで、こうやってラグビーできると思うんで」 結果は88対0の大差で勝利。

準決勝進出を決めました。

■日本代表のスターが激励のサプライズも…3/23からの全国選抜大会へ出場決める

 試合から2日後の2月13日、岐阜の合宿地でサプライズがありました。2023年ワールドカップフランス大会の日本代表で中部大春日丘出身の姫野和樹選手と、日本航空石川出身のシオサイア・フィフィタ選手の2人の激励です。

姫野和樹選手: 「日本は昔から自然災害が多い国です。数々の困難を乗り越えてきた。皆さんはラグビーがありますので、ラグビーをもって石川県の皆さんに勇気や感動を与えてください」

シアサイア・フィフィタ選手: 「活躍を楽しみにしています」

ラグビーはボールと靴があればできるからと、姫野選手らは、部員全員にスパイクなどをプレゼント。

2年生の上野魁心選手: 「大会にしっかり勝ち切って、いい報告が出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 感謝の気持ちを力に。被災地を励ましたい。日本航空石川はその後、3月23日から開かれる全国選抜大会への出場を決めました。中部大春日丘も出場を決めていて、合同練習で両校は大会で戦おうと誓い合いました。両校は準決勝以降で対戦する可能性があります。 2024年2月15日放送