お経を書いた石を海に投げて豊漁を祈願する「石経(いしぎょう)」が31日、三重県尾鷲市の大曽根浦漁港の沖合で行われました。  石経は尾鷲市大曽根浦で100年以上前から続く伝統行事で、般若心経の1文字を書いた小石を漁場に投げ入れて豊漁を祈願し、獲った魚介類の供養をします。  伊勢海老の刺し網漁が盛んに行われている、三重外湾漁協大曽根支部の組合員ら5人が漁船に乗り込んで大曽根浦漁港を出港し、住職がお経を唱える中、太鼓を叩きながら石を次々と海に投げ入れました。  網を張る漁場などを1時間ほどかけて回り、約140個の石を投げ入れました。