台風10号の影響はすでに東海地方の各地でも出始めています。

 三重県熊野市では、ホテルのキャンセルが相次ぐなどお盆休みの観光業界から悲鳴が上がっているほか、JR西日本が、山陽新幹線の計画運休を決めるなど、大きな混乱が予想されています。

 海岸沿いに打ち寄せる波…。

(リポート)
「午前10時の三重県津市です。雨は降っていなんですが風がかなり強く、こちらの海水浴場は遊泳禁止となっています」

 三重県津市の御殿場海岸では、台風10号の接近に伴い遊泳禁止に。監視員が双眼鏡を手に、海に入る人がいないか警戒していました。

 一方、お盆休みの観光や帰省のスケジュールを変更する人も…。

(リポート)
「お盆期間ということもあって、他県からのナンバーの車が目立ちますね」

 三重県紀北町の「道の駅」。岩手や大阪など、遠方からも多くの客が立ち寄っていましたが、みなさん、台風の接近で旅のスケジュールを変更していました。

大阪からの男性:
「今から大阪に帰るところです。ちょっと(風が)強くなってきてるから早く帰ろうかなと」

岩手からの男性:
「岩手からツーリングで紀伊半島回ってて、きょうは本当は松阪に泊まる予定だったんですけどちょっと怖いので。静岡あたりまでなんとか今日中に行きたいなと」

 お盆休みを直撃する台風10号。観光業界からも悲鳴が…。

三重・熊野市を訪れた人:
「今日は松阪から東京に帰ります」

同市に帰省中の男性:
「今日と明日と初盆の予定だったけど、あした台風がひどくなる前に帰ります。(予約は)ごめんなさいして」

 沿岸部の熊野市では、計画を変更し、街を去る観光客の姿が…。

 お盆休みの時期は、毎年「満室」という熊野市内のホテル。

ホテルなみ・フロント係の榎本さん:
「台風の影響で8月10日頃からこの辺りの海の波が高くなっていまして、海水浴のお客様のほとんどがキャンセルになってます」

 台風の影響で、キャンセルが相次ぎました。さらに…。

(リポート)
「掲示板には『熊野大花火大会26日に延期』と書かれています」

 8月17日に行われるはずだった花火大会が延期になり、ホテルではほとんどの予約がキャンセルされてしまったといいます。

ホテルなみ・榎本さん:
「花火大会が8月17日にあるんですが、(毎年)前日から満室なんですけど、ほとんど7割くらいがキャンセルとなりました。(花火に)来られなくなった方もいるので非常に大変ですね」

 観光業が大きな打撃を受ける中、さらにお盆休みの足に大きな影響が懸念される事態が…。

 JR西日本は15日、山陽新幹線の運転を新大阪=小倉間で始発から終日見合わせる「計画運休」を発表。

 この計画運休に伴い、山陽新幹線につながる東海道新幹線も東京=新大阪間のみの運行となるため、上下線でおよそ60本の運休を決定。通常より15%ほど本数が減ることになります。

 14日、JR名古屋駅では…。

名古屋駅にいた旅行客:
「きょうは本当は大阪に行って1泊してから、博多にあす行こうと思ってたんですけど、あしたが全部止まってしまったのできょうからもう博多に行こうかなと」

別の旅行客:
「兵庫県に今帰ってきました。台風の影響で早めに帰っておこうかなと思って」

「計画運休」を聞き、予定を変更する人の姿が多くみられました。

 15日午前、四国に上陸するとみられる台風10号。観光や帰省の足への大きな混乱が懸念されます。