内縁の妻の6歳の長男の背中を蹴り、腎臓が破裂する重傷を負わせたとして、33歳の男を逮捕です。

 逮捕されたのは三重県菰野町の会社員・栗本康弘容疑者(33)で、今年8月15日夜、自宅アパートで内縁の妻の長男で小学校一年の男の子の背中を足で蹴り、左の腎臓を破裂させる重傷を負わせた疑いが持たれています。男の子は1ヶ月ほど入院しました。

 事件から6日後、児童相談所は「男の子がケガをしている」と関係者から連絡を受け、男の子を一時保護した上で警察に通報していました。

 調べに対し栗本容疑者は「イタズラを注意したのに言うことを聞かなかったので腹が立ってやりました」と容疑を認めているということです。

 栗本容疑者は内縁の妻(35)とケガをした妻の長男、長女の4人暮らしで、これまでに児童相談所に長男に関する相談はなかったということです。