「コロナの影響で廃業する飲食店に投資する」などとウソを言い、知人男性から現金130万円などを騙し取ったとして名古屋の32歳の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは西区の無職・澤村勇輔容疑者(32)です。

 警察によりますと澤村容疑者は今年4月、知人の32歳の男性に、「コロナの影響で飲食店が廃業している。援助という形で投資しておけば何倍にもなって返ってくる」などとウソを言い、現金130万円やクレジットカード2枚を騙し取った疑いが持たれています。

 澤村容疑者は他にも「コロナの影響で廃業する人がいて空き家になる。買えば運用できる」などとウソの投資話を持ちかけていたとみられ、調べに対し容疑を認めています。

 澤村容疑者が騙し取ったとみられるクレジットカードは、家電量販店でパソコンなどの購入に使われていて警察は余罪についても調べています。