三重県鈴鹿市の路上で1日未明、飲食店の女性店員を車のボンネットに乗せたまま走行し、振り落として殺害しようとしたとして夫婦が逮捕されました。

逮捕された夫が飲食代を支払わないまま店を出て車に乗り込んだため、店員が夫をとりおさえようとしたところ、被害にあったということです。

 逮捕されたのはいずれも亀山市の自称介護士・光崎拳容疑者(28)と妻の有美子容疑者(39)です。

 鈴鹿市平田新町の県道で1日午前3時ごろ、飲食店店員の女性(42)を軽乗用車のボンネットに乗せたまま135メートルほど走行して振り落とし、殺害しようとした疑いが持たれています。

 警察によりますと、光崎容疑者が飲食代を支払わず店を出て、有美子容疑者が運転する車に乗り込んだため、店員の女性が車の前に立ち塞がったということです。

 女性は車が減速した際にボンネットから飛び降り、ケガはありませんでした。

 2人は調べに対し、「殺すつもりはなかった」などと容疑を否認しています。