藤井聡太五冠が持つ「棋聖」のタイトル挑戦をかけ、渡辺明名人と永瀬拓矢王座が25日午前から対局しています。

 棋聖戦の挑戦者決定戦は、去年と同じく渡辺名人と永瀬王座のタイトルホルダー同士の対局となりました。

 対局は東京都渋谷区の将棋会館で25日午前10時から始まり、先手となった渡辺名人は腕を組みしばらく考えを巡らせ、角の道筋を開ける手を指しました。

 棋聖のタイトルを持つ藤井五冠は、2020年に渡辺名人から棋聖を奪取し、史上最年少でのタイトル獲得を達成。さらに翌2021年には、渡辺名人の挑戦を受ける形で五番勝負に臨み防衛を果たしています。

 今回、渡辺名人が勝てば3年連続で藤井五冠との対戦が実現します。永瀬王座が勝てば、研究仲間として親交のある2人の対戦となります。

 対局は25日夜に終局する見通しです。

※画像は日本将棋連盟提供