名古屋市で6月1日から、ホテルや旅館にお得に泊まれる「シャチ泊」が始まりました。いったいどれほどお得なのか取材しました。 (リポート) 「名古屋駅の地上34階にあるホテルの部屋。今日からキャンペーンを使うと、いつもより5000円安く1人1万円ほどで泊まることができます」

 6月1日から名古屋で始まった「シャチ泊」は、新型コロナの影響を受けた観光業を活性化する目的で、市内のホテルの宿泊費を1人1泊につき半額、最大5000円が割り引かれる事業です。

 予約サイトや旅行会社で宿泊料に割引が適用されるほか、電子と紙の「プレミアム付き宿泊券」を買う方法もあります。  名古屋市内166の宿泊施設が対象で、期間は6月1日の宿泊分から2023年2月末まで。利用できるのは東海3県と静岡、長野の県民に限られるほか、新型コロナワクチンを3回接種した証明書か、陰性証明書が必要です。

名古屋マリオットアソシアホテルの担当者: 「5月と比べますと、6月以降の予約がおよそ1.5倍に増えています。シャチ泊やeマネー等の施策が効いていると思います」  宿泊費5000円が浮くと、ホテルの味を楽しめるボリューム満点の“ブッフェ”では…。

(リポート) 「ローストビーフからカレー、前菜、デザートまで、食べきれないほど並んだディナーブッフェ、こちらがシャチ泊で浮いた5000円で頂くことができます」  通常、宿泊者は4950円で食べられる夕食のブッフェ、これが浮いた5000円で頂くことができます。

 シャチ泊での“お得”はそれだけではありません。 (リポート) 「宿泊時に貰えるチケットを提示すると、ドリンクが一杯無料でいただけます」  同時に開催されている「名古屋で観パイキャンペーン」。

 シャチ泊を使った際に1人一枚もらうことができ、加盟する飲食店で提示するとドリンクサービスなどの特典を受けられます。

(リポート) 「地上52階のスカイラウンジでこのチケットを提示すると、チョコレートが無料でもらえます」

 チェックイン日からチェックアウト日まで複数の対象店舗で利用できます。この「シャチ泊」、名古屋の観光業界の活性化に一役買いそうです。