6月7日、名古屋市中区で車の中に2匹の犬が放置されているのが見つかり、約4時間後に無事保護されました。犬を車内に放置する危険性について取材しました。  6月7日、名古屋市中区のコインパーキングで、軽乗用車の中に2匹の犬が放置されているのが見つかりました。この日の名古屋の最高気温は25.2度。

 この軽乗用車はなぜか鍵がかかっておらず、警察官が時折ドアを開け、犬の体調を気遣います。そして警察官が駆けつけてからおよそ4時間後、警察は保健センターと連携し犬を保護しました。

■犬は法律上「財産」 許可なく連れ出すと窃盗罪に問われる可能性も…

 車の鍵がかかっていなかったにもかかわらず、なぜ保護に4時間もかかったのか、名古屋北法律事務所の中島万里弁護士に伺いました。  法律上、犬などの動物は「財産」となります。表現は良くないですが「物」として扱われるため、持ち主の許可なく勝手に車の外に出すと窃盗罪に問われる可能性があります。  そのため駆け付けた警察官や市民も様子を見つつ、犬をフォローしながら飼い主を待つという手段しかとれませんでした。

 しかし、放置が確認されてから4時間を超えたため、このままでは危険だと判断し保護にあたりました。

■車内に犬を放置する危険性は?犬は汗をかけず熱中症になりやすい

 この日の名古屋の最高気温は25.2度で、決して猛暑という気温ではありませんでしたが、車内の暑さはどうだったのか、同じような状況でJAFが実験を行っていました。  実験は大型のSUV車と軽ワゴン車の2台で行われました。気温はおよそ24度。温度計を設置して、その変化を見ます。

 計測をはじめたときは車内温度は25度でしたが、10分経過しただけで7度以上あがりました。1時間経過すると、軽ワゴン車は37.5度、SUV車は43.5度に。

 JAFによると、気温が25度の夏日に届かない場合でも、日中に4時間放置した場合、車内温度は50度近くまで上昇するということです。  そういった状況で車内に犬を放置する危険性を、名古屋市中区にある「おおやぶ動物病院」の院長に伺いました。

おおやぶ動物病院の院長: 「26度を超えてくると(犬は)もう暑いんじゃないかなと思う。汗を私たちみたいにべっしょりかいて、気化熱で体温を奪ってくれるということがないものですから。外気温を下げてあげないと体中にどんどん熱がこもってしまって、熱中症の症状を出したりする犬が多い」  犬は汗をかく機能が備わっておらず、体内に熱がこもり、人よりも熱中症になりやすいといいます。 おおやぶ動物病院の院長: 「5月の7日8日の土日に、バタバタと調子の悪い犬が…。亡くなった犬も5月中に4,5匹おります」

 梅雨の時期はさらに注意が必要です。湿度が高くなるとより体内に熱がこもり、熱中症の危険性が高まります。もし犬と一緒に車で出かけるなら、人間が少し寒いと感じるくらいのエアコンをかけてあげるのが、犬には一番望ましいということです。