連日猛暑が続いていますが、熱中症は人だけでなく、イヌやネコも注意が必要です。動物の熱中症とはどんな症状で、どんな対策があるのか取材しました。  名古屋市中区のおおやぶ動物病院。検診やワクチン接種などで、毎日多くの動物がやってきます。

 5月の連休明けから増えてきたというのが、熱中症とみられるイヌの受診です。

 ミニチュアダックスフントのもずく(15)。6月初めに食欲不振で来院し、熱中症の初期症状と診断されました。

 熱中症の診断と共に、医師が指導したのは「部屋の温度を下げること」。自宅では室温を下げたことで、もずくは回復。経過の診察でやってきたこの日は、すっかり元気になった姿を見せてくれました。

 熱中症になるのは犬だけではありません。シャム猫のぽんた(14)。前日の夜に夕食を嘔吐し、直後に胃液も吐いてしまったといいます。

おおやぶ動物病院の院長: 「(エアコンは)27度の設定でしょう、そうすると僕のイメージだと暑いはずなんだわ。熱中症の初期だと思うの、こういうの。やっぱり24.5度くらいまで設定を変えて下げてもらって、涼しくしてもらうといいことが多い」  ここでも、医師から室温を下げるようにと飼い主へ指導がありましたが…。 ネコの飼い主: 「あんまりクーラーの部屋が好きじゃないから。冷えすぎちゃって」

 高齢者の飼い主で多いというのが、クーラーをつけないケース。かわいいわが子のため、飼い主がクーラーで室温を下げ、投薬で様子を見たところ、ぽんたは翌日に元気を取り戻したそうです。  そもそも、イヌやネコは熱中症になりやすいといいます。 おおやぶ動物病院の院長: 「まず汗をかかないことですよね、やはり。毛皮を着ているのと同じです。呼吸で(汗を)蒸散するしか多分手がないので。もともとの体温が熱い、私たちよりも1〜2度高い体温を持っていますので、そこが辛いところかなと思います」

 さらにイヌの場合、特に注意が必要な種類もあるといいます。 おおやぶ動物病院の院長: 「長毛種・被毛のすごい長い子、ポメラニアンですとか、鼻の短い短頭種っていうパグとかフレンチブルドッグ、ああいう子たちも暑いのがとても苦手だと思います」

 毛が長く、鼻が短い犬種のほか、大型犬や寒い国が原産の犬種も暑さに弱いため、注意が必要だということです。

イヌの飼い主: 「本当にもうダメだと思いました。覚悟しました」  名古屋市の伊藤さんの愛犬・アルト(12)は、2022年4月、熱中症で一時深刻な状態に陥りました。

イヌの飼い主: 「4月19日に暑い日があって、その時に嘔吐しちゃって。ぶるぶる震える。先生のところに普通の嘔吐じゃないと思って伺ったら『熱中症ですよ』って」  点滴を続け、回復するまでには3週間かかりました。

 体調を言葉で伝えることができないイヌやネコ。深刻な状態に陥る前に対策が必要です。