愛知県碧南市の菓子メーカー「丸繁製菓(まるしげせいか)」が、見た目が植木鉢のような食べられる器「もぐカップ」を生産・販売し、話題になっています。  材料には耐水性が高い馬鈴薯(ばれいしょ)のでんぷんをメインに、紫芋の粉やカラメルなどが使われていて、サイズはS・M・Lと3つあります。

 10年ほど前に「食べられる皿」を開発。

 その後も箸やスプーンなど食べられる食器を開発してきましたが、コップには耐水性の問題があり、手がけていませんでした。

 そこに、アサヒビールの関連会社「アサヒユウアス」が「食べられるカップ」の共同開発を依頼。イベントでのゴミを減らそうという思いから『使い捨てをやめて使い食べよう』とのコンセプトで始まりました。

 しかし、大きな課題がありました。 アサヒユウアスの担当者: 「それを食べるだけでおなかいっぱいになっちゃうみたいな」  ポイントはカップの「厚み」。あくまでも脇役として、食べてもおなかが膨れないよう薄くしつつも、飲み物が漏れないよう、耐水性は高くする必要がありました。

 およそ1年の試行錯誤の末、カップの表面だけを固くし全体を薄くすることに成功。

 食事にもお酒にも合うように、プレーン、えびせん、チョコの3種類の味を用意しました。

 1時間以内での利用を推奨していますが、実際どれくらいもつのか耐水実験をしてみると、水を入れてから1時間…推奨時間になりましたが漏れていません。その後、さらに1時間経過したところで下に敷いた紙が少し湿りましたが、破れることはありませんでした。

 プラスチック製容器のゴミ削減が求められる中、注目が集まる「食べられる食器」。

 丸繁製菓は今後増えることが予想される「イベントや外で食事するシーン」で活用してほしいと話しています。