2018年、愛知県豊川市の住宅で母親を殺害し、およそ3年間に渡って遺体を押し入れの中に放置した罪に問われた男に対し、2022年6月に懲役6年の判決が言い渡されました。男は10代から母親の介助をしていて、いわゆる「ヤングケアラー」でした。事件に至った経緯をまとめました。  豊川市に住む無職・青谷良樹被告(29)は2018年、自宅で母親の優子さん(当時55)の首を両手で絞めて殺害し、2021年10月までのおよそ3年間、遺体を衣装ケースに入れ、押し入れの中に放置した殺人と死体遺棄の罪に問われていました。  青谷被告は、精神障害のある優子さんを10代の頃から介助するヤングケアラーでした。

 検察側は懲役8年を求刑、弁護側は執行猶予のついた懲役3年を求めていましたが、2022年6月17日、名古屋地裁岡崎支部は青谷被告に懲役6年の実刑判決を言い渡しました。

 判決を詳しくみると、殺害された母・優子さんは、過剰な発言や行動を起こして注目を集めようとする「演技性パーソナリティ障害」などの精神障害があり、リストカットや大量服薬などで救急要請を繰り返したりしていました。  優子さんは親族から絶縁されていて、息子の青谷被告は頼りにできた唯一の身内として、高校生の頃から優子さんへの介助をしていました。  犯行までのおよそ2週間、優子さんの暴言が頻発し、過度の睡眠不足になった上、「死ね」「産まなきゃよかった」などと言われたことから、突発的に殺害したということです。

 名古屋地裁岡崎支部は「我慢の限界に達したことは理解できる」としながらも…。 ・強固な殺意があった ・遺体を3年以上放置した ・介護を常に必要とした状況ではなかった ・医師などの助けを借りて現状を改善する努力がなかった

 以上の点などから、介護疲れを動機とする殺人の事案と同じ扱いはできないなどとして、懲役6年の判決を言い渡したということです。