東海3県は17日にかけて雷を伴った大雨となるところがあり、土砂災害などに注意や警戒が必要です。

 東海3県は大気の状態が非常に不安定になっているため、17日にかけ雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みで、三重県や岐阜県などでは、すでに局地的に大雨となっています。

 16日1時間に予想される雨の量は、いずれも多いところで三重で60ミリ、愛知で50ミリなどとなっています。

 また、17日午後6時までの24時間に予想される雨の量は、愛知と三重で100ミリと予想されています。

 雨雲が発達して停滞した場合には警報級の大雨となる恐れがあり、気象台は土砂災害などに注意や警戒を呼びかけています。