90年以上続くうなぎの卸問屋が手掛ける「うなぎ四代目菊川」は、プロの確かな目利きで厳選されたうなぎを丸ごと一匹使った「一本重」が人気の店です。

 菊川の名古屋グローバルゲート店に、7月から「新しいスタイルのひつまぶし」が登場。小さなお茶碗が3つ並び、見慣れた“おひつ”はありません。

うなぎ四代目菊川の担当者: 「今回おひつはございません。お茶わん1杯ずつ、私たちのほうで盛り付けてご提供させていただいています」 ひつまぶしの食べ方を表現した3つの茶碗。薬味のせ、お茶漬けと、おひつからよそう手間を省き、シメで食べたいお茶漬けも好きなタイミングで楽しむことができます。

うなぎ四代目菊川の担当者: 「1杯目はうなぎのうま味をダイレクトに感じていただきたいので、細かく刻まずにうな丼スタイルでご提供させていただいています」  この「ニューひつまぶし」は、セレクトショップ「BEAMS JAPAN」との共同開発。うなぎだけでなく器にもこだわりたいと、ひつまぶしの茶碗には滋賀県の信楽焼を使っています。

お吸い物の器には福井県の越前漆器。

トレーには青森県の木工品・BUNACO(ブナコ)が使われています。

また、漬物の器には岐阜県の美濃焼…。

だしポットには保温性に優れた常滑焼を採用しました。

 うなぎ四代目菊川の「ニューひつまぶし」は、名古屋グローバルゲート店で提供されています。