ウクライナから愛知県に避難してきた小学6年生のマリヤ・ボイコさんが7月18日、春日井市で行われたイリュージョンショーに挑戦、舞台ウラを取材しました。  オリの中から突然女性が登場…。さらに、横たわる女性の胴体と下半身が真っ二つに…。

 驚きのイリュージョンを披露するのは、春日井市在住の日本を代表するマジシャン・田中大貴さん(34)です。

ウクライナ避難民のマリヤ・ボイコさん(12): 「びっくりした!想像がつかないほどのスケールの大きさに驚いた」  その田中さんに弟子入りすることになったのが、ウクライナ人のマリヤ・ボイコさん(12)。

 戦争が始まった直後の2022年3月、親戚を頼って母親らと大府市に避難してきました。 マリヤ・ボイコさん: 「みんな悲しんでいる。人が死んでしまうことが心からつらい」  終わりの見えない戦争への不安をひとときでも忘れさせてくれたのが、日本で見た田中さんのショー。親戚が出ていた縁で、マリヤさん自ら「出演したい」と申し出ました。

マジシャンの田中大貴さん: 「興味を持ってくれてうれしかったですね。母国でもやらなかった新しいことに、日本にこういう状況で来てチャレンジしてもらえるということ、マジック好きになってもらえるというのはすごくうれしい」  マリヤさんが務めるのは、ショーの成功を左右するアシスタントの仕事。動きを覚えるための練習は3か月間に及び、リハーサルは前日の夕方までみっちり続きました。

マリヤ・ボイコさん: 「すごく緊張してる。『明日本番』と言われるともっと緊張しちゃう」  7月18日、ついに迎えたマリヤさんの初舞台。大府市に住むウクライナから避難した人も招待され、会場は1000人を超える観客で満席に…。

 早速マリヤさんの登場シーン。誰もいない透明の箱から…次の瞬間マリヤさんが現れました。

 大舞台で堂々と演技するマリヤさん。次はとっておきの見せ場です。  田中さんのマジックで横向きにしたマリヤさんの体がカチカチに…。支えがないはずの体が宙に浮かびました。見事に演じきり、観客を沸かせました。

 観客のウクライナ人の男の子もショーに参加し、2時間を超えるステージは大成功。

 ウクライナの人たちも喜んでくれました。

招待されたウクライナから避難した人: 「ステージでウクライナ人を見たら、本当にうれしいと思いました。本当によかった、本当に感謝したいです」 マリヤ・ボイコさん: 「すごく不思議な気分、とても緊張したけど上手くできてよかった」

 初舞台を笑顔で終えたマリヤさん。今後も舞台に立ってハッピーな時間を届けていきたいと話しています。