スズメバチは秋に凶暴化するといわれています。その生態や対策について、昆虫の生態に詳しい三重大学・生物資源学研究科の塚田森生(つかだ・もりお)教授に伺いました。  スズメバチは、春に女王バチが1匹で巣を作り始め、夏にかけてメスの働きバチの数が増えていきます。秋ごろになると、来年に女王となる“新女王”とオスが誕生します。

働きバチは次期女王とオスを育てて守ることも仕事となるので、誰かが巣に近づくと、子供を守るためにいつも以上に攻撃的になるといいます。

 刺されないためにはどうすればいいのか、大事なポイントが3つあります。

1.「ニオイに注意」 スズメバチは人工的なニオイに対して特に敏感なので、香水、化粧品、整髪料などをつけないようにしましょう。 2.「黒を避ける」 スズメバチは黒を敵とみなすので、黒色や暗い色の服は避けましょう。 3.「白い帽子をかぶる」 スズメバチが最も攻撃してくるのは頭です。長袖・長ズボンで肌の露出を防ぐのはもちろん、白い帽子をかぶることが大切です。