ダムや堤防などだけに頼らず、“田んぼダム”のように川の上流から下流まで流域全体で水害を減らす取り組みは「流域治水」と呼ばれ、国も積極的に進めています。

 その一つが、農業用ため池の防災用への活用です。

 大雨が予測される場合、予めため池の水量を減らし、その分雨水を受け入れることで、下流に流れる水の量を減らして川の氾濫防止に繋げる狙いです。

 多治見市の農業用ため池では現在、防災にも使えるよう農家と調整を進めています。

 また、川に流れる雨水を抑えるという点で似たような役割を果たすのが雨水タンク。これは家庭などにある雨樋につなげて雨水を溜めることができます。

 愛知県内でも自治体によっては、雨水タンクの普及を促すため、工事費用の一部を補助する制度があります。