名古屋市北区のマンションの部屋で14日午後、ミイラ化した赤ちゃんの遺体が見つかりました。  北区の大曽根駅前交番。14日午後5時半ごろ、訪ねてきた27歳の女性が警察官に耳を疑う話を告げました。 <女性> 「自宅内を整理していたら、遺体を発見した」

 警察が近くにある女性のマンションの部屋を確認すると、赤ちゃんの遺体が見つかりました。  生後間もない赤ちゃんですでにミイラ化していて、性別もわからない状態だったということです。

 なぜ若い女性の自宅に、ミイラ化した赤ちゃんがいたのでしょうか。  同じマンションの住人によると、女性は1年ほど前に入居し、9月に退去する予定だったといいます。引っ越しの日に向け、片付けをしていたのでしょうか、部屋の中の「普段は開けない場所」を開けた際、偶然遺体を見つけたといいます。  女性の前の住人が放置していった、というのも不可解です。

同じマンションの住人: 「マンションは綺麗にして次の人が入るようにするもんで。赤ちゃんが隠されているということは絶対ありえない」  これまでのところ、赤ちゃんと女性の関係は不明。一体誰が、いつ、なんのために赤ちゃんを放置したのか…。  警察は赤ちゃんの身元と遺棄された経緯を慎重に調べています。