「G7広島サミット」の交通大臣会合の会場に決まった三重県志摩市で20日、開催に向け、推進本部が設置されました。

 志摩市は、2023年5月のG7広島サミットに合わせた交通大臣会合の会場に選ばれていて、三重県は20日に推進本部を立ち上げ、一見勝之知事が本部長に就任しました。

一見三重県知事:
「三重県らしさを出すのは当然ですけれども、加えて日本らしさを出していかないといけません。2016年の伊勢志摩サミットで培ったノウハウを最大限活用する」

 推進本部では今後、志摩市と連携しながら、各国の大臣が移動する際の交通手段など、開催に向けた準備を進めていくとしています。