三重県の知事が生活する住宅「公舎」を巡り、存続か廃止かなどの議論が10月から始まります。議論のきっかけは「ムカデ」でした。 一見三重県知事(5月10日): 「(公舎に)ムカデが出まして。それもあって引っ越した方がいいかなと。(ムカデが)家の中に出たので、ちょっと大変かなと」

「公舎にムカデが出る」。2022年5月の記者会見でそう話し、公舎からの引っ越しを示唆した三重県の一見勝之知事。この翌週には…。 一見三重県知事(5月16日): 「窓開けると虫入ってくるので…。(Q.引っ越しの予定は?)早く決めないかんなと。知事公舎全体をどうするかという議論もしてみないかん」 知事公舎の今後について議論が必要だと指摘しました。  ムカデが出るという知事の公舎とは…。敷地に入ってみると、赤い屋根が印象的ですが、黒ずんでいて手入れが行き届いていない印象を受けます。 1978年に建てられた築44年の知事公舎は、延べ床面積およそ330平方メートルの鉄筋コンクリート造りの平屋。

津市にある県庁の南西およそ400メートルに位置する1万9000平方メートルの敷地内にあり、家賃は月7万2000円ほどです。 知事が生活する私邸部分と、業務や来客対応用の公邸部分が1つになっていますが、キッチンスペースには虫の死骸がありました。

 2021年9月に単身赴任で入居した一見知事。公邸部分はほとんど使っていないうえ、掃除については県の担当などもなく、この状況に。

また一見知事の前にも、歴代4人の知事が入居し、修繕を繰り返してきましたが…。

天井や壁には、雨漏りの跡とみられる変色やシミも。

 さらに…。 一見三重県知事(9月20日): 「維持管理が結構経費かかっているんですね。それはやっぱり県民の税金ですから」 広大な敷地内にあるたくさんの樹木や庭。この管理などを中心に県は2021年、維持費としておよそ680万円を負担しています。

 こうした現状から、県は防災の専門家や不動産鑑定士などによる有識者会議を設置し、10月5日から存続か廃止かなどを議論すると発表しました。

三重県民ら: 「いい機会じゃないですかね、知事さんも代わったし」 「住んでいる人が住みにくかったら、考えたらええのと違いますか」 「あそこは高台にあるので防災面でもいいと思いますけど。ある程度のお金は必要だと思うんですけど、それはこれから議論したらいいんじゃないかなと思います」  ムカデを引き金に議論が始まる知事公舎の今後。有識者会議では、年内には結論を出す方針です。 一見三重県知事: 「私は『まな板の上のコイ』、言われたところに住むと。経費節減ということも含めて考えていっていただけたらいいんじゃないかなと思います」