11月1日「ジブリパーク」が開園しましたが、その盛り上がりは愛知県内各地に広がっていました。さらに、懸念されていた交通の混雑はどうだったのか、取材しました。  2日も多くのファンで賑わったジブリパーク。初日はあいにくの雨でしたが、2日は晴天に恵まれたこともあり、無料のエリアでは写真撮影をして楽しむ人の姿も…。

 大盛況のジブリパークですが、盛り上がっているのはパークだけではありません。  地元・長久手市の小学校。1日はいつもより少し早く授業を切り上げて、給食の準備に…。給食当番の児童が箱から取り出したのは、まっくろくろすけがこちらを見つめる特別デザート、長久手の米を使ったババロアです。開園を祝って、長久手市内の小中学校で振る舞われました。

長久手市内の小学生はジブリパークに招待されていて、このクラスは来年1月にパークに行けるそうです。 男の子: 「展示がしてある所とか、どういう建物があるのかとか(気になる)」 女の子: 「みんなで行けるのがうれしいです。ジブリの大倉庫に行ってみたい」  一方、名古屋でも…。地下鉄東山線の駅に到着した車両は、一見普通の地下鉄ですが…。 男性: 「ジブリ一色だもんね。(ジブリパークに)誘われとるような感じもするけどね」 (リポート) 「こちら一見普通の列車なんですが、頭上の広告スペースには湯婆婆が、中吊り広告にはネコバスが描かれています」

6つの車両すべての広告スペースがジブリパークになった特別車両。2週間の期間限定・1編成のみの運行で、ロボット兵や借りぐらしのアリエッティなど、ジブリパークの雰囲気に包まれています。

女性: 「今日(1日)からって言っていたのでちょっと探していたんですけど、ちょうど帰りに見つかったので。すっごくかわいいですね」

 さらに、その地下鉄・東山線からリニモへの乗り継ぎ地点「藤が丘駅」周辺では…。 (リポート) 「地元商店街の事務所です。中に入りますと、『リニモどらやき』がたくさん用意されています」 山積みになっていたのは「リニモどらやき」。地元の商店街振興組合が、ジブリパークを訪れる人のお土産にしてもらおうと開発しました。

藤が丘中央商店街振興組合の担当者: 「これは18年前の愛・地球博の時に売り出した『リニもなか』。今回はどら焼きにしました。お子さんでも食べやすい。リニモは浮いているので、(イラストも)8ミリ浮かせた感じで表現しています」 さらにリニモの藤が丘駅では、リニモの1日フリー切符を買うともらえる開業記念の缶バッジが人気を集めていました。

ジブリパークに行く親子: 「鹿児島県の離島から来ました。当たったのが大倉庫だけなんですけど、そこで1日楽しみたいと思います」 全国各地から観光客が訪れることに、地元からは期待の声が…。 藤が丘のパン屋さん マコぱん: 「リニモの乗り換えの駅ということで、藤が丘がただの通過点にならずに一度ここで立ち止まって、藤が丘の街を楽しんでもらえたらいいなという期待があります」  さらに、ジブリパークから60キロも離れた田原市でも…。道の駅で配られていたのは、ジブリパークのロゴがデザインされた特別きっぷ。東三河の10カ所の道の駅で配布されていて、こちらでは1日限定50枚が40分でなくなりました。

 愛知県内各地が盛り上がりをみせるなか、「ジブリパーク」開園に伴い懸念されていたのが、ジブリパーク周辺の交通混雑。 2005年「愛・地球博」で大混雑となった藤が丘駅。地下鉄とリニモの乗り換え地点ですが、輸送できる乗客数がリニモの方がはるかに少なかったため、多くの人で溢れかえりました。

ジブリパーク開園で再び混雑が懸念されましたが、1日に現場に向かってみると…。 (リポート) 「リニモの藤が丘駅です。目立った混雑はありません」 平日だった1日、朝からジブリパークに向かう人と、周辺の大学に通う学生で、席はいっぱいになりましたが、目立った混雑はありませんでした。

愛知県立大の学生: 「意外と思っていたよりは混んでなかったので」 別の学生: 「いつもと同じぐらい」 名古屋市交通局東山線運転区の副長: 「ジブリパークさんが時間指定のチケットを出されていることもあって、朝から混雑することは無かったのではないかと思っております」 すべてのチケットが日時指定の予約制となっているジブリパーク。平日の入場者数が5000人前後に抑えられているため、混雑を回避していました。

一方で、藤が丘駅近くの店からは次のような指摘も…。 藤が丘駅近くの店の人: 「皆さん(乗り換えの)行き場所が分からない、だいぶ聞かれました。もう少し“ジブリ感”が欲しいですよね、駅に」

 そして、もうひとつ懸念されていたのが道路の渋滞。長久手市内には周辺にIKEAなど大型商業施設が集まるため混雑が不安視されていましたが、1日に市内の道路を走ってみると…。

(リポート) 「午前8時すぎ、長久手ICの信号交差点を通過します。平日ということもあってか、目立った混雑はみられません」

リニモ同様、目立った混雑はなく、5か所あるモリコロパークの駐車場も、1カ所が一時「混雑」となっただけで、ほかの4つはいずれも「空車」のまま開園初日を終えました。 長久手市民の女性: 「今日は予想してちょっと早めに出たけど、意外とすいてた」 渋滞を警戒していた地元の人たちは一安心。しかし、まだ不安があるようで…。 長久手市民の男性: 「土日がどうなるかじゃないかな。平日は予約の人たちの分だけでしょ。土日は予約以外の人も来ちゃうよね?」 長久手市民の女性: 「ただでさえ混んでいるので土日は、IKEAとか。なので、どうなるんだろうって不安は不安です」 愛知県は、ジブリパークの開園にあわせ車線を増やすなどの対策をしていますが、周辺の人々は休日や週末の渋滞を心配していました。