名古屋市守山区などで20日、野生のイノシシ2頭が出没しました。イノシシはその後見つかっておらず、市は注意を呼びかけています。 <警察の呼びかけ> 「近くで見られている方、大変危険です。拳銃を発砲することがあります」

 名古屋市守山区の河川敷にこだまする「発砲」への注意を促す呼びかけ。拳銃を構える警察官の先にいるのは、イノシシです。

<警察官> 「あっち行け!あっち行け!」

 威嚇を受け、イノシシは藪の中へ姿を消しました。  警察によりますと20日午後2時半過ぎ、名古屋市守山区小幡宮ノ腰の矢田川河川敷で「2頭のイノシシを目撃した」と110番通報がありました。

撮影者ら: 「うわっデカっ!」 「でっかいな〜」

 午後4時ごろに撮影された映像には、尻尾を振って歩きまわる2頭のイノシシ。そこへ現れたのは、愛知県警の警察官です。  イノシシと距離を取りながらゆっくりと歩きます。そして、イノシシが川を背に堤防側を向くと、警察官も右手を腰の拳銃に回し対峙します。すると、イノシシが堤防の方へ。警察官が拳銃を構えます。

 警察官は両手で拳銃を構えてイノシシを威嚇。イノシシは再び藪の中へ姿を消しました。  1頭が突然、河川敷にいた近くの人に突進したため、男性警察官(36)が拳銃を構え「撃つぞ!」と大声で威嚇したということです。  発砲することはなく、ケガ人もいませんでした。しかし、その後も…。 (リポート) 「北区の平安通でもイノシシの目撃情報が相次ぎました。車通りが多く、辺りは飲食店も立ち並ぶようなエリアです」

 午後8時半ごろには、およそ4キロ離れた北区の路上でも目撃された2頭のイノシシ。

 警察によりますと、守山区の河川敷で最初に目撃されて以降、午後8時ごろにJR大曽根駅の北側・東区矢田1丁目周辺、その30分後に北区の地下鉄名城線・平安通駅近くでも目撃された2頭のイノシシ。一体なぜ、突然市街地に現れたのでしょうか…。

愛知県野生イノシシ対策室の担当者: 「(2頭は)おそらく血縁関係にある、兄弟もしくは親子。幼いイノシシは血縁者でまとまって行動することが多いので。好きこのんで市街地を目指すことは考えられないので、エサを探したりしながら移動している間に、偶然たどり着いてしまったのではないかなと思います」  警察によりますと、21日は午後3時までに、名古屋市内でイノシシを目撃した通報はないということです。  一方で、イノシシは夜行性ということで、愛知県や名古屋市は見つけても近づかないよう注意を呼び掛けています。 愛知県野生イノシシ対策室の担当者: 「積極的に人を襲うことはないんですけど、例えば市街地にいてパニックを起こした状態は危険性があると思われます。出会った場合には刺激をしない、石を投げたり大きな音で追い払おうとせずに、静かにその場を立ち去るようにした方がいいです」 ※画像は視聴者撮影