名古屋城天守閣の木造復元で、3階以上には昇降機を設置しない考えを示した河村市長に、障害者団体が抗議しました。

エレベーター設置を求める障害者団体:
「多くの障害者に対する人権侵害であり、到底承服できるものではありません」

 名古屋市は、木造復元する天守閣に車椅子で乗れる小型の昇降機を設置する方針ですが、河村市長は5日、「1〜2階までだったら合理的配慮と十分言える」として、3階以上には設置しない考えを示していました。

 障害者団体は「反バリアフリー的発言」だとして、河村市長に発言の撤回や、公開の場での丁寧な説明を求めています。

 その後に取材に応じた河村市長は、木造復元する天守閣は文化財だと位置付けたうえで、「守るのは任務だ」として「撤回なんかするわけない」と言い切りました。