東海地方は週末にかけて気温が上がらない見通しで、週明け以降は名古屋の最高気温が15度と11月下旬並みの寒さとなる見込みです。  東海地方は10日、雨の一日となりました。最高気温は、名古屋で18.7度、岐阜で17.8度と前日より約5度低く、各地で久しぶりに20度を切りました。 70代女性: 「着るものに困りますよね。セーターを着てきたら汗かいて」 10代女性: 「服(選び)が難しいです。風邪ひいている人もいるし、インフルとか」  東海3県は、週末にかけて気温は上がらないとみられています。寒さのピークについて、福島気象予報士に聞きました。 福島気象予報士: 「週末明けの11日から12日にかけて最も気温が下がる予想になっていて、今季一番の寒気が流れ込んでくる予想になっています。名古屋でも最低気温がかなり低くなる予想になっていて、1桁が続く予想です」  13日は、名古屋の最高気温が「15度」と、11月下旬並みの寒さとなる見込みです。最低気温も、12日に8度となってからずっと1桁台で、朝晩の冷え込みが強まる見通しです。