裏金事件で逮捕・起訴された衆院議員の池田佳隆被告が5日、東京拘置所から保釈されました。  5日午後9時すぎ、二度深々と頭を下げ、東京拘置所を後にした池田佳隆被告(57)。愛知3区が地盤で比例東海ブロック選出の池田被告は、会計責任者と共謀し、2022年までの5年間で、派閥からのキックバック約4800万円を収支報告書に記載しなかった罪で起訴されました。  池田被告の弁護人は、1月31日に保釈を請求していましたが、東京地裁は5日認める決定をし、保釈保証金1500万円が即日納付されました。  検察は不服として準抗告をしましたが、裁判所はこれを棄却。池田被告はおよそ1か月ぶりに東京拘置所から保釈されました。