天皇皇后両陛下の長女・愛子さまや、秋篠宮家の次女・佳子さまが公式行事に出席されると、身につけられたファッションがSNSなどで話題になります。「エレガントでありながらよりカジュアル。品格がありながら親しみやすい」。同じものを身に着けたいと、女性たちを魅了しています。  秋篠宮家の次女・佳子さまは2024年2月、佐賀県にある有田焼きの工房を視察されました。

 SNSなどで話題となったのが、ファッションです。今、佳子さまが身につけられたものと同じものを求める女性が増えているといいます。

 佳子さまが身につけられたものと同じデザインのものが、名古屋駅のジェイアール名古屋タカシマヤにありました。

 婦人服ブランド「アプワイザー・リッシェ」のショップです。

 店頭にあったこの服は2024年1月26日、東京で佳子さまが、「花の展覧会」を鑑賞されたときに身につけられていたものと同じジャケットです。

アプワイザー・リッシェの担当者: 「もともと好評だったのですが、(佳子さまが)着用いただいた直後からは、毎日電話だったりとか、ご来店いただきまして、より一層人気になりました」

 佳子さまが身につけられた様子が報道されると、瞬く間に売れていったといいます。値段は2万5300円で、1月19日から販売をはじめ、2月中旬にはMサイズは既に完売していました。

 この服を試着した女性がいました。 30代の女性客: 「どうしよう、佳子さまと同じ!同じ気分に!普段でも使いたいし、お呼ばれでも使いたいし」

 20代から30代に特に人気で、子供の入学式など、公式の行事に使う目的で買っていく人が多いといいます。  著書『近代皇族妃のファッション』など、皇室ファッションを研究している大東文化大学の非常勤講師、青木淳子さんに話を聞きました。

大東文化大学非常勤講師の青木淳子さん: 「ジャケットには黒の縁取りがなされ、ゴールドのボタンがアクセントになっており、品がありながら、着る人の可愛らしさも引き立ちます。この日はお花が主役ということで、あえてモノトーンを選択されたのかな」  お店によるとデニムに合わせるのもオススメで、「着回し力抜群」のジャケットです。

 また、2023年にペルーへ訪問した時に身につけられたワンピースは「ADELLY(アデリー)」というブランドのもので、広報によると反響が大きく売り切れが続いていて、3月以降に販売を再開できるよう調整中としています。(2月16日時点)

大東文化大学非常勤講師の青木淳子さん: 「佳子さまはここ数年、お一人でご公務に臨まれる際には、こうした親しみやすいブランドのものをお召しのようです。もしかしたら佳子さまは、エレガントでありながらよりカジュアルなファッションを通して、たとえば品格がありながら親しみやすいといった、皇室におけるご自身のイメージを表現されているのかもしれない、と思います」  そして、愛子さまのファッションも注目を集めました。2023年8月、栃木県那須町の御用邸にお出かけになった時に着用されたワンピースも話題になり、ブランドのHPによると好評につき再生産しているということです。

青木さん: 「(服は)基本的にはご自身で選ばれるのではないでしょうか。今回話題になった洋服は通販でも購入できますので、ご本人、もしくは宮内庁のどなたかが代理で通販でご購入されたとも考えられます」  また、2024年元旦に皇居で行われた「新年祝賀の儀」で女性皇族が身に着けられていたティアラは、明治時代に着用が始まり、成年の折に新調されることが多いということです。

 佳子さまのティアラは、約2800万円でミキモトが作成しました。

 皇后さまの第一ティアラについてはエピソードがあり、青木さんは「基本、明治時代から引き継がれたもの」ということです。

 明治から大正、昭和、平成、令和と代替わりの時に受け継がれ、皇后さまのみがお召しになる、特別なティアラです。

2024年2月16日放送