愛知県一宮市の魚介類がメインのスーパーで、“斬新な惣菜”メニューが誕生しました。   愛知県一宮市に2022年3月にオープンした、魚介類がメインのスーパー「一宮漁港」。

この日も、今が旬の三重で揚がったイサキや愛知のスズキなど、新鮮な魚がズラリと並んでいました。

 そんな中、総菜コーナーに驚きの新メニューが登場。ピザの上に乗っているのは、なんとうなぎ。「ひつまぶし」と「ピザ」を掛け合わせた、その名も「ぴつまぶし」です。

ピザの生地にうなぎのたれを塗りチーズをたっぷり乗せたら、その上にうなぎのかば焼きを贅沢に敷き詰めます。

オーブンで5分ほど焼いてベースができあがったところで、トッピングにきゅうりの奈良漬やねぎ、きざみのりを散らして完成です。

試食した女性: 「おいしいです。すごくなんか合いますね」 試食した男性: 「めちゃくちゃおいしかったですね。すごく自然に合う感じで、今日買って帰ろうかなって」 うなぎ・生地・チーズ、そしてうなぎのたれが絶妙にマッチ。奈良漬の食感が何ともいえないアクセントになっているといいます。

一宮漁港の店長: 「土用の丑もあるので、うなぎいってみたらどうかなというのでやってみたところ、非常にいい感触を得たので、ちょっとブラッシュアップして製品化してみました」 オープン以来人気というシーフードピザの新メニューを考案中に、土用の丑の日が近いこともあってうなぎを使うことを閃き、おいしさとインパクトを追求した結果、「ぴつまぶし」が誕生しました。

 少々高いこともあり、まだ「爆売れ」とはいかないそうですが、新しい名古屋めしになればと期待しています。 一宮漁港の店長: 「大勢で4〜6人でシェアして食べていただける。新しい名古屋めし、一宮めしになったらいいかなと思っています」