岐阜県土岐市出身の陶芸家、水野雅之さんが作陶を初めて40周年を記念した展示即売会が、名古屋市東区で始まりました。

 氷の花をイメージした模様で涼しさを演出した夏茶碗。

 水野さんは美濃陶芸の発展などで数々の受賞歴のある陶芸家で、会場には日常使いできるぐい呑みや茶会用の茶碗などおよそ130点が並んでいます。

 丸や三角、四角が描かれた作品は、「かたよらず、こだわらず、とらわれず」生きてほしいという思いが込められています。

 この展示即売会は8月10日まで、名古屋市東区のギャラリー碗[one]で開かれています。