東海3県ではお盆期間中に、新型コロナウイルスの無料検査場が臨時で開設されます。愛知県では8月5日から、名古屋駅のKITTE名古屋や豊橋駅など4か所、10日からは名古屋駅のナナちゃんストリートにも開設されます。  名古屋駅の2か所と豊橋駅では午前10時から午後6時で受け付けていますが、場所によって違いがあるのでご注意ください。また、空港は事前予約制となっています。  岐阜県では、JR岐阜駅に隣接する商業施設と大垣駅の2か所に、いずれも5日から18日まで設置されます。  三重県も、近鉄四日市駅と宇治山田駅の2か所で5日から18日までとなっています。

 東海3県ではそれぞれ「BA.5対策強化宣言」が出されました。  愛知県では医療体制のひっ迫を受け、救急外来や救急車の利用は緊急を要する場合のみにするよう呼びかけています。  このほか、帰省などでは感染リスクの高い行動を控えること、高齢者などには混雑や感染リスクの高い場所への外出自粛を求めています。  会食や飲食についても、4人までを目安に黙食をとしています。

 内容についてはこれまでと大きな変化はありませんが、人の動きが増えるお盆の期間に、今一度基本的な感染対策の徹底を呼びかける内容となっています。