10月開幕するバレーボールのVリーグを前に、愛知県稲沢市で現役選手がモデルで出演するファッションショーが開かれました。

 このファッションショーは、10月開幕するVリーグを盛り上げようと、愛知県バレーボール協会が開いたもので、県内に本拠地がある4チームの現役選手26人がモデルを務めました。

 衣装は名古屋モード学園の学生が選手1人1人の好みや体形にあわせてオーダーメイドで作りました。

デザインした学生:
「バランスを取るのがすごく難しかった」

デンソーエアリービーズの吉田選手:
「スリットが開いているのが普通のズボンと違ってオシャレだなと思いました。人生でこんな経験はなかなかないしすごく楽しかったです」

 Vリーグは10月22日に開幕します。