水の都、岐阜県大垣市の『駅前さらしな』は、100年以上の歴史がある老舗の蕎麦店だ。  大正8年(1919年に)創業した、岐阜県大垣市の蕎麦店「駅前さらしな」。

駅前さらしなの店長: 「うちは井戸水を使っているので、お出汁にも麺を打つのも全て井戸水なんで」

夏でも冷たい井戸水でいただく“水そば”が名物で、その自慢の一品が「大垣名水 飛騨牛 水そば」だ。

井戸水を張った枡に、信州産の石挽蕎麦。

店長: 「ざるそばと違って、つるっとした感じでのどごしもいいですし、最後まで冷たく召し上がっていただけます」  そして、ざる蕎麦のつゆで炊いた飛騨牛。

店長: 「ざるそばのつゆがちょっと甘めなので、その出汁で炊くと…」 まるですき焼きのような感じだ。

大垣の水で味わう蕎麦は、ぜひ食べてみたい逸品だ。