岐阜県多治見市出身の陶芸家・柴田育彦さんの作品の展示即売会が、名古屋で始まりました。

 柴田さんは多治見市を拠点としながら、アメリカのボストンなどで講師も務める美濃焼の陶芸家で、会場にはクリスマス前ということで金を使用した華やかなマグカップや花瓶など、およそ90点が並んでいます。

 サザエをモチーフにしたぐい呑みは、立てて置くための土台がセットになっていて、日本酒だけでなくワインなどの洋酒も楽しめる特徴的なデザインの作品です。

 また物入れは岩牡蠣をモチーフにしていて、開けたときに華やかさを感じされるようにと、内側に金箔が貼られています。

 この展示即売会は、名古屋市東区のギャラリー碗で12月25日まで開かれています。