「原則禁煙」の岐阜県各務原市の新庁舎に、市長や議員だけが使う“ウラ喫煙所”があったことがわかりました。  2022年に完成した、7階建ての各務原市役所の新庁舎。市役所は「原則禁煙」のはずですが、専用のカードキーで入る屋上の一角に、市長や議員だけが使う“ウラ喫煙所”があったことがわかりました。 各務原市の浅野健司市長: 「(自分の)喫煙につきましては、やめるのかということも視野に入れて考えていきたいと思います。本来ルールを守るべき市役所が今回、喫煙所という表示を怠っていたということで、すごく反省しております」  ここに入るカードキーを持っているのは、市長・課長以上の幹部と市議に限られ、愛煙家の浅野市長もたびたび利用していたといいます。  2020年に施行された改正健康増進法で、市役所の敷地内は原則禁煙です。今回のウラ喫煙所は、例外的に喫煙所と認められるための標識もなく、市は21日、灰皿を撤去しました。 浅野健司市長: 「喫煙される方、されない方ももちろんおみえになられますので、相互に理解を深めながら活用できる施設に改善していきたい」  浅野市長は、ウラ喫煙所を廃止する方向で検討するとしています。