競技用のキックボードで技を競う「フリースタイルスクーター」は跳んだり宙返りしたりと、アクロバティックで動きの激しいスポーツだ。このスポーツに、目に障がいを持ちながらトッププロを目指す中学3年生が、岐阜県岐阜市にいる。

■視覚障がいの中学生は「フリースタイルスクーター」の選手

 鳴海瑛太(なるみ・えいた)さんは、岐阜県岐阜市の市立陽南(ようなん)中学校に通う中学3年生だ。

英語の先生: 「瑛太さんこれ見える?」 鳴海瑛太さん: 「はい、文字がちっちゃい」 英語の先生: 「ごめんごめん」

目に障がいがあり、特別支援学級に通っている。

クラスメイトより、大きな机と大きなプリントで、工夫してもらうことで、毎日勉強に励む。

瑛太さんは、いま世界で人気の「フリースタイルスクーター」で日本トップクラスの選手だ。

「フリースタイルスクーター」は、競技用キックボードでジャンプ、スピンなどの技を競う、新しいスポーツ。

約25年前ヨーロッパから広まり、オーストラリア、アメリカなどで人気が急上昇し、世界大会も開かれている。日本でも2017年頃から広まり、競技人口は1000人ほどに増えている。

瑛太さんはフリースタイルスクーターの魅力について「怖いけど楽しい」と話す。 父親の公輔さん(41)によると瑛太さんの視界はぼやけている状態で、視野欠損だという。顔認識ができるのは1mくらいだ。

瑛太さんの父親・公輔さん: 「お風呂屋さんなんか行ったりすると、みんな裸なので誰が誰だか分からない」 瑛太くん: 「声、声で覚えている」

■常にぼやける視界で繰り出すアクロバットな技 視界と世界を広げたスクーター

 瑛太さんは、YouTubeで自分のアカウント「eita scoot【視覚障がいライダー】visually impaired rider」を持ち、テクニックなどを披露している。

この中で、瑛太さんの見え方や、どれくらい見えているのかについてをテーマにしている動画がある。

瑛太くん: 「見えへん」 「視覚障がい体験メガネ」を通して見た映像では、常に視界がぼやけている。

さらに瑛太さんの見え方でコースを走ると、足元さえもぼやけていた。

瑛太さんはこの状態で、次々とアクロバットな技を繰り出す。 毎日1〜2時間の練習をして体で感覚をつかんできた。

毎日練習ができるようにと建築業の父親が作った「GIFU GROW PARK」も特別製だ。

公輔さん: 「みなさん、親御さんにも手伝ってもらって、手作りで1年かけて作りました」 全てが真っ白の壁一面では、瑛太さん自身がどこを走っているかわからなくなるため、色が着いたテープを貼ってわかりやすくした。

公輔さん: 「赤色は危険な端の部分。『これ以上いったら落ちるよ』というのを、テープを貼って見やすいようにして」 瑛太くん: 「赤とかの色が見やすいかな」 そして、自宅も瑛太さんの練習場になっていた。

本来、リビングの場所に、父親が練習場をつくったという。

■生後3カ月で目の障がいが判明 母「好きなものを見つけてくれたことがすごい嬉しかった」

 瑛太さんは生後3カ月の検診で目の障がいがわかった。視界がぼやけているうえ、半分ほどしか見えていない「第1次硝子体過形成遺残(しょうしたいかけいせいいざん)」という症状だ。

母親の裕美子さん: 「メガネしても見えないよと言われて、あっ、そうなんだ…、そこからは歩けるのかもわからないし、しゃべれるのかわからないしとか…、そういう時やったかな」

公輔さん: 「治るのかとか、手術する所があるのかとか、そういうのを探したり聞いたり色々…。同じ子はどう育っているのかとか、そういうのを探していました」

その後、瑛太くんは小学3年の時、スケートボードのおもちゃにはまり、スケートパークへ。キックボードで技をする人のカッコよさに魅了された。

母親の裕美子さん: 「これだけ好きなものを見つけてくれたことがすごい嬉しくて。集団行動が苦手で、知らない人とか大人数でやるのが苦手で。(スクーターを始めてからは)仲間もどんどん増えて、苦手なことも出来るようになって」

公輔さん: 「なにか工夫すれば、他の子たちと変わらないのを知ってもらいたい」 お父さんに競技用キックボードを買ってもらい、名古屋在住のプロ榊原颯吾(そうご)さんに指導を受けてきた。

覚えるのは人より遅くても、好きになってコツコツと、人の何倍も練習。転び続けても毎日練習し、指を骨折して、あばらにヒビが入ったこともあった。

榊原颯吾プロ: 「負けず嫌いで、成功するまでチャレンジしてる姿がかっこいい選手ですね。見えている子でももちろん難しいので、恐怖心ももっとあると思いますし、感覚でやれているのはすごいなと思いますね」

瑛太さん: 「技が出来た時とか楽しい」

■切磋琢磨するライバルと全国大会で対決 瑛太さん「忘れられない最高の日」

 この日、静岡県のパークで全国大会が開かれた。

3歳から22歳までの15人が出場し、年齢で分けられた4部門で、技の難易度を競った。 瑛太さんは1カ月前から度々ここを訪れ、コース全体を体で覚えていて、段差が分かるよう赤いテープも張らせてもらった。 瑛太さんは「中学生以上のオープンクラス」で「パーク」と「ストリート」の2種目に出場する。瑛太さんには「ライバル」がいた。

新横ライダーの島邑仁(しまむらじん)さんだ。

瑛太さんは仁さんのことを「めちゃくちゃうまい」と称賛し、仁さんは瑛太さんを「プロだと思います」と互いに認め合う仲だ。

緊張感漂う中、いよいよ本番。瑛太さんは初めに「パーク」の種目に出場。

45秒でどれだけ難しい技を出せるを競う種目で、中盤で、大技のバックフリップを決めた。

しかし、最後に着地でミス。足が着いてしまった。

瑛太さん: 「まじで最悪。プッシュした時に踏んだ」 ライバルの仁さんはノーミスだった。

結果、仁さんが優勝し、瑛太さんは惜しくも2位。

瑛太さんは、続いて障がい物を使った技などを競う「ストリート」に出場。

バックボードスライドや…。

ブライフリップなどの大技を、今度はノーミスでやりきった。

結果は…。

主催者: 「1位、鳴海瑛太くん。32点です」 瑛太さん: 「やったー」 瑛太さんが見事、優勝し、金メダルを獲得。

公輔さん: 「びっくりしてます。正直、まさかと思いました」

瑛太さん: 「うれしい。パークの方はミスらなければ1位が取れていたかもしれない。忘れられない最高の日。プロにはなりたい。オリンピックがあったら出たい」 トッププロになって、スクーターの楽しさを広めたい。瑛太さんはきょうもチャレンジを続けている。 2023年10月19日放送