名古屋グランパスのクラブスペシャルフェローをつとめる楢崎正剛さんが東海テレビの配信コンテンツ「アスリートpress」の取材に応じ、19日に開幕した東アジアE-1サッカー選手権や11月にカタールで開催されるW杯の展望を語りました。 4大会連続でW杯代表に選出された楢崎さんは、当時の代表メンバーと再会した際の裏話を披露。 今年6月に国立競技場で行われたブラジルとの親善試合に中田英寿さんが来場。 2002年日韓W杯から20年となる記念レセプションが開かれたためですが「中田ヒデもこういう場にちゃんと来るようになったんだ!」と感激。 20年来のチームメイトの行動に「ちゃんとしてるやん」と目を細めていました。 一方、親善試合のテレビ中継に中田さんと小野伸二選手(札幌)が並んで観戦する姿が映し出されるとSNSが反応。 「小野伸二」がトレンド入りするほどの盛り上がりでしたが、楢崎さんは「自分も横にいたのに映らなかった」とカメラマンに恨み節も。 その後はカタールW杯で対戦する3か国のゴールキーパーについて分析するなど、日本代表のレジェンドとして後輩たちにエールを送っていました。