ドラゴンズのファームの本拠地、ナゴヤ球場の真横にある「ラーメン専科 竜」が2023年11月22日、42年の歴史に幕を降ろしました。その立地からファンだけでなく選手の胃袋も満たしてきたドラゴンズの『聖地』の最後の1日です。  名古屋市中川区の「ラーメン専科 竜」。

 ナゴヤ球場の真横で42年。「ドラゴンズファンの聖地」といわれてきましたが、22日、閉店の日を迎えました。  朝の9時半、開店までまだ時間がありますが、最後の1杯を求めてすでに行列ができていました。 常連客: 「7時半から。大将とかおかみさんにもよくしていただいて、寂しいです。憩いの場だったので」 初めての来店の客: 「最初で最後のラーメン竜です。先週の日曜日に来たんですけど、もうここで終わり(品切れ)って言われて悔しかったので、もう1回来ました」 約40年の常連客: 「散々この人(和雄さん)に説教されて、若い頃から。『モテない野郎がこんな所で顔揃えやがってよー』ってずっと言われて」 和雄さん: 「そんなやつらがもう所帯持って子供までいるっていうんだから、嫌になってくるわ」  店を切り盛りする吉田和雄さん(81)と妻の貴美子さん(77)。

42年間、二人三脚で店を盛り上げてきました。 貴美子さん: 「最後の方は言いたい放題、ケンカしながらやってました」 和雄さん: 「最後に有終の美を飾らせてもらうんですよ。みんなのおかげで」  柳投手のユニホームを着て気合を入れ、最終日は予定より30分早くオープンしました。

 一番乗りの客は、予約していたドラゴンズの祖父江投手と田島投手です。

祖父江投手: 「柳来ないじゃないですか。柳のユニフォーム、僕の方が常連なのに」 和雄さん: 「あんた2カ月、3カ月ぶりじゃん」 祖父江投手: 「いただきまーす!おいしい!」 田島投手: 「最高です!うまい!」

初めて来店した客: 「めちゃくちゃおいしいです」 約40年の常連客: 「最後の1滴まで(飲み干します)」 常連客: 「2杯目です。最後なので」  最後の寂しさを、麺とスープとともに飲みこむお客さんたち。

 店の外には営業時間終了予定の午後1時半を過ぎても、まだ行列ができていました。

 2時間半の延長戦を経て、42年間の長い歴史に「サヨナラ」です。

和雄さん: 「(続けられたのは)やっぱりドラゴンズがあったからだと思います。竜の力じゃない。あと私が何年生きるか知らないけどね、立浪監督が優勝できるようにもっていってくれれば最高だね」