ドラゴンズの沖縄キャンプにキューバ出身の守護神・ライデル・マルティネス投手が2週間遅れでチームに合流しました。日本へのお土産は「自分」だということです。  2年連続30セーブ以上、防御率0点台のドラゴンズの絶対的な守護神で、キューバ出身のライデル・マルティネス投手。  1日のキャンプインの時には姿がなく、2023年に同じキューバ出身のロドリゲス投手の「亡命騒動」があっただけに、ネット上でファンは「ほんとに来るんだよね…」「必ず来ると信じます!」とやきもきしていました。  沖縄キャンプ第3クール初日の15日、北谷にはマルティネス投手の姿がありました。ビシエド選手と和気藹々とした様子を見せ、高橋宏斗投手ら投手陣とは握手を交わすなど、久々の再会に笑顔を見せていました。  チームメイトから「お土産は?」と聞かれると「自分が帰ってくることがお土産」と答えていました。  15日はランニングやキャッチボールで汗を流した後、ブルペンでシャドーピッチングをするなどして調整しました。  マルティネス投手が合流したことにファンは…。 ファンA: 「帰ってきてくれて、とりあえず安心しています。今年も0点でずっと抑えてもらって、浅尾さんの防御率を超えてほしいなと思っています」 ファンB: 「すごく楽しみですね」 ファンC: 「安心しました」 マルティネス投手: 「(チームメイトは)多分うれしかったんじゃないかと。喜んでいると思います。体に無理をさせず、プランをしっかり立てたい」  ドラゴンズは週末、ベイスターズやスワローズとも練習試合があり、浮上へ向けて戦力が揃いました。