プロ野球セ・リーグ首位の中日ドラゴンズは13日、タイガース戦に5対2で勝利し、4年ぶりとなる6連勝を飾りました。  選手もファンも桜色の特別ユニホームに身を包んで臨んだタイガース戦。2点を追いかける6回、チャンスで4番・中田翔が詰まりながらもセンター前にはじき返し、まずは1点。  続く細川もヒットで続くと、満塁で代打の切り札・中島が押し出しのデッドボール。痛みに顔をゆがめながらも、体を張った1点で同点に追いつきます。  さらに続く7番・宇佐見がレフトに勝ち越しの決勝タイムリーを放つなど、この回一挙4得点。  鮮やかな逆転勝利で満員のファンを沸かせたドラゴンズ。引き分けを挟み、4年ぶりの6連勝となりました。