平塚市札場(ふだば)町の鳥海(とりうみ)広子さん=当時(80)=が自宅で殺害されているのが見つかった事件は、二十二日で発覚から三カ月となる。県警は平塚署に特別捜査本部を設置し、延べ約三千五百人の捜査員を投入して捜査を進めているが、鳥海さんに関わるトラブルや不審者の情報は少ないといい、情報提供を呼び掛けている。

 事件が発覚したのは二月二十二日。予約していた病院から「来院していない」と連絡を受けた家族が自宅を訪れ、一階のベッドで死亡している鳥海さんを見つけた。司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死と判明。鳥海さんは一人暮らし。病院を最後に訪れた二十日以降に殺害されたとみている。

 県警はこれまで現場周辺の住民ら延べ約二千人、鳥海さんの家族や友人、出入り業者ら延べ約百九十人に事情を聴いた。約七十カ所に設置された防犯カメラを回収、分析した。ただ、容疑者特定につながる情報は少ないとされる。事件に関する情報提供は平塚署特別捜査本部=電0463(31)0110=へ。