夏の高校野球千葉大会は十六日、6球場で3回戦16試合があった。県野球場(千葉市稲毛区)では流経大柏が西武台千葉との接戦を4−3で制し、4回戦に進んだ。

 流経大柏は1点を追う八回表1死二塁、藤原大夢選手(三年)の右越え三塁打で同点に追い付き、続く代打の中村龍人選手(二年)の中犠飛で勝ち越した。投手陣は先発の阿久津晃太選手(三年)ら3人の継投で要所を締めた。

 西武台千葉は五回裏、上原拓翔選手(二年)の左前適時打で一時は勝ち越したが、その後は、追加点を奪えなかった。

 このほかAシード校の専大松戸、木更津総合や、春の選抜高校野球大会に出場した東海大市原望洋などが4回戦に進んだ。

 十七日は7球場で3回戦16試合があり、十八日は3球場で4回戦8試合がある。 (山口登史)