第99回全国高校野球選手権栃木大会は十九日、宇都宮市の宇都宮清原球場などで準々決勝4試合があり、文星芸大付、国学院栃木、青藍泰斗、作新学院が準決勝進出を決めた。

 白鴎大足利と対戦した文星芸大付は序盤から有利に試合を進め、終盤に反撃を受けて苦しむも、4−3で競り勝った。国学院栃木は真岡に7−0でコールド勝ち。青藍泰斗も石橋に11−1でコールド勝ちし、公立勢は全て姿を消した。7連覇を目指す作新学院は矢板中央に8−0でコールド勝ちした。

 準決勝は二十二日に宇都宮清原球場であり、文星芸大付と国学院栃木、青藍泰斗と作新学院が対戦する。