第六十九回鎌倉花火大会が十九日夜、行われ、由比ケ浜沖の台船から四千発が打ち上げられ、約十五万人が楽しんだ。

 大会はこれまで市観光協会を中心とした実行委員会で運営されてきたが、今年は協会のスタッフ雇い止め疑惑をきっかけに市議会が協会への補助金を一時削減。協会は資金難を理由に実行委から退き、一旦は大会は中止になった。

 松尾崇市長が市が主催して開催すると決め、新たな実行委を組織。予想を超える協賛金、寄付金が集まり、花火は例年の二千五百発より多い四千発になった。

 大会名物の水中花火が海上に半円形に大きく広がると、浜辺を埋め尽くした観衆から歓声が上がった。

 市には大会運営の経験がなく不安があったものの、大きなトラブルはなく、市によると、観衆は昨年並みだった。松尾市長は、大会への市民の協力に感謝するコメントを発表した。 (草間俊介)