夏の高校野球千葉大会は二十一日、3球場で5回戦8試合があり、8強が出そろった。県野球場では春の選抜に出場した東海大市原望洋が、Bシードの千葉明徳を7−2で破った。

 東海大市原望洋は一回裏、藤本誠啓選手(三年)の適時二塁打で先制。二回には3者連続安打などで一挙4点を挙げ、試合の主導権を握った。守ってはエース右腕、金久保優斗選手(三年)が2失点10奪三振で完投した。

 千葉明徳は三回、無死満塁のチャンスから2点を返したが、その後は金久保選手のキレのある直球を打ち崩せなかった。

 この日行われた試合では、Aシードが順当勝ち。専大松戸は暁星国際に8−1で八回コールド勝ち、千葉敬愛は四街道に4−1、検見川は千葉黎明(れいめい)に8−6、木更津総合は学館浦安に4−0でそれぞれ勝ち、準々決勝に進んだ。

 二十二日は県野球場とZOZOマリンスタジアムで準々決勝4試合がある。 (山口登史)