大和市の大和駅東側にある文化複合施設「シリウス」の来館者数が二百万人に到達し、十七日、大木哲市長らが出席して現地で記念式典があった。昨年十一月三日の開館から二百五十七日目で、全国的に見ても早い到達という。

 東京都世田谷区の中学二年吉住百花(ももか)さん(13)が節目の二百万人目となり、記念品が贈呈された=写真。吉住さんは大和市内に祖母の家があるといい「本が好きで、おばあちゃんの家に遊びに来た時に、これまで十五回ぐらいシリウスに寄っている」と話していた。

 シリウスは芸術文化ホールや図書館、生涯学習センター、屋内こども広場などが入る地上六階地下一階の施設。施設を運営する指定管理者で民間の共同企業体「やまとみらい」が式典を主催した。 (井上靖史)