第99回全国高校野球選手権埼玉大会は二十三日、さいたま市の大宮公園球場と市営大宮球場で、準々決勝4試合が行われ、4強が決まった。甲子園の切符争いは浦和学院、花咲徳栄、春日部共栄、山村学園の私立高校のみに絞られた。

 春日部共栄は二回に4点を先行され、叡明を追い掛ける苦しい展開。六回2死満塁で金子亮太選手(三年)が走者一掃の三塁打を放って逆転。同回裏に追いつかれたものの、八回に2点を加えて逃げ切った。

 8強に初進出した山村学園は一年生左腕・和田朋也投手が奮闘。五回以降は川越工打線に二塁を踏ませない完璧な投球で完投勝利を飾った。川越工は苦しみながらも二回と四回に計3得点したが、及ばなかった。

 準決勝は二十四日、大宮公園球場で、浦和学院−春日部共栄と花咲徳栄−山村学園の2試合が行われる。