高校野球神奈川大会は二十五日、横浜スタジアムで準々決勝2試合が行われた。ともに第1シードの横浜と桐光学園が準決勝に駒を進めた。

 昨年優勝の横浜は初回、万波中正選手の2点三塁打などで4点を先制。六、七回には辻村裕紀選手と増田珠選手の本塁打で得点を重ね、コールド勝ちした。

 桐光学園は同点とした八回、山田陸人選手の2点二塁打で勝ち越し。九回はエースの棒田雄大投手が締め、乱打戦を制した。