黒岩祐治知事は二十五日の定例記者会見で、「津久井やまゆり園」の殺傷事件の追悼式で犠牲者十九人のエピソードを読み上げたことについて、「一人一人を思い浮かべられる形にしたかった」と経緯を語った。

 追悼式は二十四日に相模原市内で開催。黒岩知事によると、当初は個人個人を悼むためにも実名で追悼する方向で検討したが、園の家族会は難色を示した。知事は「愛称だけでも言えないだろうか」と提案したものの、同意は得られず、最終的に、日常生活の具体的なエピソードを紹介する形で了承を得たという。

 黒岩知事は「ご家族の意向を抑えてまで、われわれが名前を発表するのはふさわしくない」と述べつつ、「われわれは、違いがあっても乗り越えて共存しようという『ともに生きる社会』を目指している。名前を呼ばないのは違和感がある」と説明。一方で「ご家族には、ある種の差別を感じられることがまだあるということ。そうではない社会を目指すため、繰り返し『ともに生きる』理念を共有していくことが大事だ」と述べた。 (原昌志)