自宅に拳銃と実弾を隠し持っていたとして、警視庁は、銃刀法違反の疑いで坂戸市花影町、指定暴力団住吉会系組員間瀬(ませ)伴紀容疑者(32)を現行犯逮捕したと発表した。容疑者宅の家宅捜索で、床下にあった拳銃などを銃器捜索が専門の警察犬が鼻で捜し当てた。

 組織犯罪対策五課によると、出動したのは「ムーンロケット号」(雄、三歳)。銃器や薬物の捜索など複数の役割を担う「ハイブリッド犬」と呼ばれ、警視庁に三頭いるうちの一頭。七日の家宅捜索で、台所で火薬や油の臭いに反応し、「お座り」をした。捜査員が近くにあった床下収納の容器を取り外すと、米国製拳銃一丁と実弾五発が別々のポリ袋に入れられてコンクリート製の土台に置いてあった。

 間瀬容疑者宅でのこれまでの捜索では、拳銃は発見できなかった。五課幹部は「優秀な警察犬のおかげ」と語った。

 逮捕容疑では七日午前十一時三十五分ごろ、自宅で回転式の拳銃一丁などを保管していたとされる。五課によると、間瀬容疑者は「自分のものではない」と容疑を否認している。同容疑者宅には同じ組の幹部が同居していたが、先月病死した。