鹿嶋署は、鹿嶋市津賀の太陽光発電施設で、送電用の銅線ケーブル約千九百メートル(千二百万円相当)が盗まれたと明らかにした。窃盗容疑で捜査している。

 署によると、二十五日午後二時半ごろ、点検に訪れた業者が盗まれているのに気付き、運営会社を通じて一一〇番した。施設を囲んでいる高さ約二メートルの金網フェンスが二カ所、切断されていた。

 業者が六月二十五日に点検した際に異常はなかったといい、同署は今月二十五日までの一カ月間に盗まれたとみている。