栃木県足利市サッカー協会主催の十二歳以下の大会「MUNDIAL ASHIKAGA 2017(U−12)」(東京新聞後援)が二十三日、同市の五十部運動公園サッカー場などで開かれ、古河SS(古河市)が総合優勝した。

 古河SSは総合優勝決定戦で御厨FC(足利市)に1−0で勝った。総合3位には熊谷さくらSSS(埼玉県熊谷市)とヴェルフェたかはら那須U−12(栃木県矢板市)が入った。

 大会は毎年恒例で、今年は茨城、栃木、群馬、埼玉の四県から七十二チームが参加。二十二日から十二のブロックに分かれて、リーグ戦と順位決定戦で争った。

  (高橋淳)